日常にリスクの高い行為を取り入れてはいけない理由

目の健康は大事だ。
特に細かい物をずっと見ているような仕事をしている人や、コンタクトレンズをずっと付けているような人は注意する必要があるだろう。

そんな事は当事者だって存分に分かっているだろう。しかしながら、それでもどうにもならないのである。何故ならそれは仕事だからだ。そして慣れるからだ。日常が危険だと認識し続けることは難しい。精神が持たないからだ。

そうなると「目の健康は大事」という情報を持ち続けても、目を大事にできない生活が続いてしまう。これは由々しき事態である。

健康は徐々に損なわれていくが、損なわれたと気づくのは手遅れの時が多い。ドクターストップに頼らずに自分自身で待ったをかけることができる人は稀有な存在なのである。

じゃあどうしたら健康が損なわれるのを回避できるのか?そうなると、リスクの高い行為は日常に取り入れてはいけないという結論に至る。

つまりは、細かいものを見る仕事を減らすとか、コンタクト以外の手段で視力を補正するとか、そういう事をする以外ない。

だが、仕事を減らす訳にもいくまい。そうなると目の回復に力を入れるしかあるまい。例えばアイマスクとか。

コンタクト以外となると眼鏡とかレーシックとかになる。だが、レーシックは危険だ。被害者の会ができているし、それを闇に葬り去ろうとする勢力もいる。メガネは嫌だ。となるとオルソケラトロジーとかか?分からないが。

まぁ、何であれリスクの高い行為を日常に取り込むにはリスクだって話だ。リスクは慣れにしてはいけない。慣れるとリスクが見えなくなるし油断するからだ。