いらない物を捨てる事にメリットがあるのは確かだが、同時に「何事にもデメリットがある」ことを忘れないようにするべきだと思う

捨てる物があるから得るものがある。確かにそれは確かだなぁと思う。

不思議なもんで、変わった自分には自覚的でいられないけれど、自分が変わったのであろう足跡はしっかり残っているから、まぁ変わったのだと思う。

自分自身のいらない何かを捨て去ることで、自分の人生は変化する。断捨離とかミニマリストとか、そういう類の人々はあんまり好きではないが、それでも結果的に自分もそういう生き方をしてしまっているし、良い反応が起こっているのも事実だ。

捨てると得るものがある。だからいらない物は率先して捨てよう。
だが、気を付けないと二度と手に入らない物まで捨ててしまう恐れだってある。

得る事は良い事ばかりではないのである。
その逆で捨てる事は悪い事ばかりでもないのだが、悪い事がない訳でもない。

何事も良い面と悪い面があるって言う当然の話なのだが、中々それに気が付かない。極端から極端に移動する馬鹿って奴である。

まぁ、いらない物を捨てると心がスッキリするのは確かだ。
そして不思議な事にその隙間を埋めようと無意識的に行動してしまうのも確かなようだ。

ちゃんと、いらない物だけを捨てて、自分の周りに大切な物ばかりが残ると良いのだが。