感情と理性の共通項の中から人生の選択をしていきたいものだ

節約したい気持ちはあるけれど、これ以上に生活が良くなるならば投資したい。
当然の心情だが、経済的に合理的かどうかは知らない。

結局、何を持って得だったのか損だったのかなんて、死んでみるまで分からないのである。

そらまぁ、確率的にこっちの方がお得であろう、という予測を立てることはできるだろうが、90%の確率で助かる手術であっても10%の人間は失敗しているのである。人は妥当な選択はできても、絶対に安全な選択肢を選び取ることはできない。

いくら節約に節約を重ねて貯金を貯めたとしても、使う寸前で死んでしまっては元も子もない。
お金をたくさん使って出会いの機会を増やした所で、悪縁を紡いでしまってはマイナスである。

要は、成功しなければならない。そうでなければ、あらゆる選択肢は無価値だ。
どんなに妥当に見えても、どんなに堅実に思えても、成功したという実感がなければ無駄なのだ。

その辺を踏まえて考えるのならば、「やりたい気持ち」というのは大事なんだと思う。

やりたい気持ちを満たせた時点で、多少は幸福な気持ちになれるし、それは多少の成功と呼んでも差し支えないだろう。

自分の好みを加味した上で、合理的で妥当な選択肢を選び取れば、余計に幸せになれるんじゃないだろうか?

感情だけで決めるのも、理性だけで選ぶのも間違っているって話だ。

その両方の共通項を選んでいきたい。