「漠然とした不安感」は無償の優しさを他者に捧げることで解消できる

寂しさって要するに不安なのだろう。一人じゃ不安だから誰かに支えてほしい願望が寂しさなのだろう。

だから、安心できる要素ができれば多少は寂しさが解消されるのではない。

面倒なことに、不安ってのは対して根拠がなくても不安になるのである。漠然とした不安感というのがあって、訳も分からず心が苦しいという状態は治療が難しい。

漠然とした不安には、根拠のない安心感が必要なのである。その手法の一つが、ペットに優しくするとか、そういうものなのだろう。要はペットを自分に見立てて、それに安心感を与える事で、回り回って自分を安心させるという方法だ。

「人間の脳は主語を無視する」的な性質がある。要は他人にやったことは自分にやったことと似たような効果があるって話だ。

自分の為に他者に優しくするなんて、酷く打算的ではあるが、別に悪いことでもないから、そうすればいいと思う。